腰部脊柱管狭窄症 | 所沢 たいよう整体院

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは

生まれつき脊柱管(せきちゅうかん:背骨の中の脊髄神経が通っているスペース)が狭い場合もありますが、椎骨や椎間板が加齢により変形したり、異常な骨の突起(骨棘)が形成されることにより、脊柱管が狭くなり脊髄神経根や血管を圧迫することで痛みや痺れが発生します。

また、骨盤歪みや背骨が曲がることで椎骨の位置がずれ、上下の椎骨に段差が生じると、結果として脊柱管が狭くなり脊髄神経を圧迫することになります。

40~50代以上、特に高齢者に多い症状になります。

腰部脊柱管狭窄症の症状

  • 立って腰が伸びた状態で痛みや痺れが強く出ます
  • 長く歩くと、腰から足の裏にかけて痛みや痺れが出たり、足がもつれたりします

少し歩くと痛み、前屈みになって休むとまた歩けるようになるのもこの症状の特徴です。

あなたも痛みのない生活を取り戻しませんか。
検査・ご相談は無料で受付けております。
お電話でお気軽にお問合せください。
TEL 04-2939-8800

WEBからなら いつでも予約ができます! »

初めての方へ
施術について

営業時間 9:30~20:00
予約最終枠:20時開始
当日予約最終受付:19時
定休日 日曜 / 祝日
04-2939-8800

臨床ブログ

営業時間 9:30~20:00 定休日 日曜・祝日
西武池袋線小手指駅北口より徒歩7分 駐車場有
埼玉県所沢市小手指町1丁目30-17 1F

ご予約・ご相談・お問合せは

04-2939-8800

サイトマップ
▲ページ先頭へ戻る▲