腰椎椎間板ヘルニア | 所沢 たいよう整体院

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)、一般的に「ヘルニア」と言ったら、腰椎椎間板ヘルニアを意味することが多いですが、どのような症状かご存知ですか?

腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニア

背骨のクッションの役割を果たす椎間板は、外側が硬い繊維輪(せんいりん)、内側は軟らかいゼリー状の髄核(ずいかく)からできています。

椎間板ヘルニアは、背骨に負担をかける姿勢(長時間椅子に座っている・運動などで大きな力が加わる)や加齢とともに(20歳を過ぎると徐々に老化)内側の髄核が弾力性を失い、椎間板が変形したり、外側の繊維輪に亀裂が入り、髄核が外側に飛び出し脊髄神経を圧迫することで痛みが発生します。

神経の圧迫状態により、痛みは腰だけでなく、臀部から足にかけての痛みや痺れを伴う坐骨神経痛などの問題が生じます。

椎間板ヘルニアのタイプ

膨隆型 : 髄核は繊維輪の中にあり、椎間板自体が圧迫により外側に押し出され神経を圧迫します。

脱出型 : 繊維輪に亀裂が入り、内側の髄核の一部が飛び出してしまい神経を圧迫します。

遊離型 : 飛び出た髄核が椎間板内の髄核と分離してしまい、そのかけらが神経を圧迫します。

一般的には膨隆型ヘルニアが多くみられます(特に若い人)

椎間板ヘルニアの症状

  • 咳やくしゃみでも腰に激痛が走ります
  • 腰を曲げないと立っていられないほどの痛みがあります
  • 前傾姿勢をとったり、椅子に腰かけるのがつらく、横になっているのが一番楽な姿勢
  • 腰から足先にかけて痛みや痺れがあり、筋力が低下します(坐骨神経痛も併発している場合)
  • 脊髄神経を圧迫するため、ひどい場合は排尿ができなくなります

シュモール結節(椎体内ヘルニア)

椎間板内の髄核が外側に突出した状態が椎間板ヘルニアですが、髄核が背骨の椎体(ついたい:背骨の本体部分)内の上下に脱出したものをシュモール結節といいます。

子供や若い人が激しいスポーツや事故などにより大きな力が加わり、髄核が上下に突き抜けてしまい、椎体内に脱出することがあるようです。

椎体内への脱出なので、神経根を圧迫することはないため、ほとんどの場合無痛で症状の自覚がないことが特徴です。

重度の椎間板ヘルニアになると、立つことや座ることが激痛によりできなくなり、普段の生活や仕事にも支障をきたしてしまうこともあります。

腰椎椎間板ヘルニアも骨盤の歪みや腰椎の変形等、椎間板に負担をかける原因を改善すれば、症状も緩和していきます。

整形外科などで行う牽引などでは痛みの変化を感じず、ブロック注射やヘルニアの切除はしたくないとお考えなら、たいよう整体院までご相談ください

あなたも痛みのない生活を取り戻しませんか。
検査・ご相談は無料で受付けております。
お電話でお気軽にお問合せください。
TEL 04-2939-8800

WEBからなら いつでも予約ができます! »

初めての方へ
施術について

営業時間 9:30~20:00
予約最終枠:20時開始
当日予約最終受付:19時
定休日 日曜 / 祝日
04-2939-8800

臨床ブログ

営業時間 9:30~20:00 定休日 日曜・祝日
西武池袋線小手指駅北口より徒歩7分 駐車場有
埼玉県所沢市小手指町1丁目30-17 1F

ご予約・ご相談・お問合せは

04-2939-8800

サイトマップ
▲ページ先頭へ戻る▲